FC2ブログ
--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2011'09.21.Wed

「現実的に考えてそんな夢は叶うはずがない」
「熱意さえあれば夢は叶う」

・・・どっちなんですかね。
現実を見れば、「ああこの夢は捨てたほうがいいな」と思う。
けど「いや、熱意があれば!」と思う。
でもまた現実を見てしまって、無限ループ。

結局やるしかないんですね。
やって駄目でも熱意が云々。
逃げられないのかもしれません。

と、いうことは。
夢を持ったら勝ちなんじゃないでしょうかね。
夢から逃げられないとしたら、一生それに付き合っていくしかない。
一生それに付き合っていくしかないということは、熱くなれるものを知る、ということ。
どこかの名僧がこんな言葉を残しています。
「一日一日を漠然と過ごすことほど、愚かなことはない」と。

私も最近は疲れてしまって、小説を書く気力が残ってません。
一応書いてはいるんですが、うまいこといかない。
すぐ気分転換に走ってしまいます。
毎日毎日発狂寸前です。



逃げるのはもう飽きたので、死んでもいいからぶつかっていこうと思ってます。
スポンサーサイト
【日記】トラックバック(0)  コメント(2)
Next |  Back

中 庸

(^^連続でごめんね。)
前回の続きですが。私は這い上がって→悩んで→悩みすぎて→病気になった(はっはっは・・・)→で、今は『中庸であること:(簡単な意味の方で使用してます)考え方・行動などが一つの立場に偏らず中正であること。過不足がなく、極端に走らないこと。また、そのさま。』を目指しています。(なんで、名前が中庸です^^)
この言い方をすると嫌がられるかな?と思うけど。過去の自分を振り返ると、やっぱり若かったな・・・と思う。死んでもいいから、まで極端いくとダメだよ。ゆっくりいかんと、まじで病むよ。。。(ごめんね。)
うちのリーダーの名言。「当たってくだけたらあかん!!次に立ち向かえんやろ!!」
・・・説教くさいのは、歳のせいです♪♪

2011/09/22(木) 04:27:11 | URL | [ 編集]

北向きの窓

>中 庸 さん

私もずっと中庸的な人間でした。
何に対しても中途半端。それで逆に病んだのです。
だから今度は突っ走ってみようかなと。

若さのせいもあるかもしれませんが・・・。難しいですね。

2011/09/22(木) 16:34:45 | URL | [ 編集]

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。