FC2ブログ
--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2011'11.15.Tue

【掌編小説】言(こと)の葉 + 日記

 








言(こと)の葉










人の言葉を素直に受け容れられるようになったのは、社会人になってから少し経った頃だった。
職人の世界というのは、特に上から何かを聞かされることが多い。それで自然と感覚が身に着いたのかもしれない。
親方たちの言葉を受け容れるうち、過去に見たり聞いたりした言葉も、自然と思いだすようになった。
全部を全部受け容れるというわけではなかったが、十代の頃と違って、その言葉そのものを無視することはなくなった。
「いいか、よく聞けよ」休憩の時間、親方は決まってそう言う。
 ほこりの立つ車内。フロントガラスから差し込む日光。親方の口から洩れる紫煙。
私は毎日のようにこれを感じていた。
「ペンキってのはな、要は吸い込みなんだ」
 私は技術面での話かと少し落ち込んで、「はあ」とだけ返事した。
「なんだ、人がせっかく仕込んでるのに」
「すいません」
「まあ、いいよ。そのうち分かるさ」
 親方はそう言って、短くなった煙草を灰皿に押しつけた。

あれから数年が経つ。
そのころ、私は新しい言葉を取り入れようとはせず、過去の言葉の反芻ばかりをしていた。
一つの言葉を、色々な角度から見た。新しい発見がある度、体のどこかが成長したような気がした。
賢者は過去に学び、愚者は自分に学ぶ。
このことを、十代の自分に仕込んでやりたいな、と思った。
 いいか、よく聞けよ、と言って。


             了.
今日は激務でした。
前にも話した、ラリるペンキ。またあれを使って仕事してました。
今回は密閉されていなかったので、ラリることもなかったのですが。
ただ、ずーっと一人で塗っているので、足がすごく疲れるんです。
ずっと中腰ですから。
そんでもって八時から始めて、五時までに終わらせないといけない。
私はまだ技術も無いですから、休憩なしのノンストップ中腰塗り。
ほんとしにます。

とうとう靴下に穴があきました。そんくらいやってます。

※ 追記は日記です。
今日はかなり寒い日でした。
どうやら12月上旬あたりだったようで。

それにしても、毎年毎年こんなこと言ってないですか?
今日は寒かったですねえ。なんと例年に比べてこんなにも。これは云月云旬の気温です。わー寒いor熱い。
毎年毎年見る気がします。

・・・その「例年」っていうのがなんなのか。よく分からなくなってきます。

そろそろコタツとミカンの出番がきましたね。
私はコタツもミカンも好きです。
寒い中、みんな集まってコタツで麻雀なんていうのも最高です。

そして、コタツから布団までの約70cmの距離を歩くのが辛い。
冬の到来ですね。北陸の到来。













・・・の、前に。クリスマスがやってくる・・・。
スポンサーサイト
【日記】トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。